FC2ブログ
Vileysphere ~美麗空間~
私もあなたもリンシャンカイホウ。
カズノコぷちぷち。
書くこと相変わらず思いつかないし。

諦めて、あの話でもしますかね。

1月ですし。

ホントはもっとお正月にするべき話だったんですが。

あの。

数の子の噛み方がわからない!!

って話、昔したことあったっけ…?

プチプチ魚卵系の食べ物は何個かありますけど。

いくらや筋子は、全部つぶして食べるのは当たり前。

たらことかは、もうつぶすってほど原型留めてないくらいペースト状になってるし問題なし。

なんですが。

数の子って、小さい粒全部つぶして食べるの!?

たぶん、つぶさなくていいとは思うんですが。

アレ、まったくつぶさないで飲み込むのって抵抗ないですか…?

「食べ物は最低30回噛んでから飲み込む」ルールに則るなら、粒はある程度つぶすことになるとは思うんですが。

あれ、奥歯でつぶれないですよね…?

え、噛み合わせの問題じゃないよね。。

そして、ある程度つぶしてから飲み込もうと思うと、キリがないくらいつぶしづらくて困る。

30回くらいじゃムリ、粒1つぶ1つぶを、逃げ場がないようにしっかりとつぶして噛んで行く必要があるので、ヘタすれば1口で数分使う。

そんなに時間をかけてはいられない…アゴ痛いし…。

って感じで、毎年困る。

つぶしたくなる系の卵としては、あととびっこってのもありますね。

トビウオかなんかの卵だっけ…?

数の子よりも細かい粒々で、いくらみたいに赤いヤツ。

あれはさすがに、数の子みたいにまとまってるワケでもないし噛まないでいいのはわかるんですが。

数の子食べるの大変すぎる…。


モンハン。

うーむ。

胴系統倍化で一番防御力の高い、メイドXソックス作るのに闘技場のクエやる必要があるので、ティガレックス3頭クエってのやったんですが。

オンライン野良の闘技場とかきつ!

ハンマーとかランスとか、使ったことない武器しかないし。

2人きりとか、感じ悪い相手だったらつらい。

とりあえず、ハンマーのソロで行った結果。

ティガレックス2頭に轢かれ続けて勝負にならない…。

諦めて、ソロはランスでツンツンしてれば良いって書いてあったので、ツンツンした結果。

39分で討伐。

極限化ティガ、弱いですね。

めっちゃ長い時間ツンツンしたけど、負ける気はしない感じでした。

ただ、操作が分からないのでチャンスタイムもガードしながらツンツンするしかできないもどかしさ…。

で、そのままランスでオンライン行くつもりだったんですが。

なんかランス気に入らない人が多いみたいで。

もうハンマーでいいやってハンマー2で行って、19分くらいでした。

ソロと2人だと、ターゲット分散するだけで全然違いますね。

なんか色々ムズいとか書いてたり攻略法とか載ってますけど、ダメージ大して食らわないので。

Rボタンで溜めながらガシガシ殴ってればいいと思います。

なぜならそれ以外の操作が分からないから(ry

一応、2Gの訓練場の武器は最低限振ってるんだからね!

デンセツコインGはそれで集まったので、足りない飛竜のコインGはディアブロス2頭クエを太刀ソロでぶんぶんしてやっつけときました。

G級訓練って、回復過剰すぎてノーガードゲーですよね…。


それにしても、天鎧玉がたびたび足りなくなって、ちょくちょくギルクエテオ行くんですが。

タイムカウントしてないで来てる人って、どういう勝算なんだろう。

サイン出す人って、3割くらいしかいない気がするんですけど。

ボクも、最初は他の人がサイン出すでしょってつもりでやったら、出さないパーティ率多すぎて、自分で計らないとダメだって3,4回くらいやってから悟ったんですが。

こんなエンドコンテンツ、まだ他人頼りの勝率で連戦しようって人が多数いるのか。

あと、攻略サイトとか見ると「怒ってから90秒でノヴァするので、計ろう」って書いてたりするんですけど。

90秒って書くのやめ!

ホントに90秒計ってる人いるよ!?

90秒経った時点で、もう爆発しているのに!

タイマー起動するのにも、画面の様子見て手離すのに数秒使う可能性あるのに。

90秒で律儀に動かし始めて、余裕持つ時間がない人いるよ!

たぶんこのゲーム、ギルクエに初心者が群がるあたりどっかに美味しいクエって情報が載ってるんだと思いますけど。

なぜ一緒に攻略法とか準備事項を見ていないのか…。

検索しないと来れない難クエに、準備なしのスキルで来る意味がよくわからない。

意味っていうかいきさつ?

不思議なゲームだ…。


おわりますー。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック