FC2ブログ
Vileysphere ~美麗空間~
私もあなたもリンシャンカイホウ。
雨の日に自転車を使う方法。
結局。

雨の日に自転車に乗る方法って。

ないですよね。

傘差し運転は禁止で、傘固定する器具使うのも確か禁止だったと思うんですけど。

実質ムリなのに、雨の日に自転車を運転すること自体は禁止されてないのが不思議でならないんですが。

え、レインコート?

あの、余った生地が足に引っかかったり、顔がノーガードだから進行方向の雨全部かぶって前見えなくなったり、そもそもフードのフックがないのに向かい風でめくれ上がって意味ないし、隙間からモリモリ濡れてくヤツ?

あれは使ってみて傘よりあぶないと感じたから使わないわ…。

禁止されてない意味がわかんない。

で、雨の日に自転車乗る方法ないんですけど。

なぜ、科学技術も法律もこの事実を無視なんですかね!

傘の進化はいつするのか…。


聖闘士星矢やキン肉マンが持ち上げられてる理由が全然分からない

持ち上げられるかどうかは知らないし、魅力もイマイチ伝えられないんですけど。

どっちもいまだに、読んでしまったからには好きでなくはいられないって感じなんですよね…。

完全に中二病というか、小6病をくすぐるというか。

必殺技が好きなのはもとより。

なんだろう、とりあえず「どのキャラも最強だと思う」って感じで見てられるのがワクワクするかなーと思う。

そういう面で、ドラゴンボールはここに入ってこない。

そういう面で、咲が入ってくる(ry

ドラゴンボールも、その場その場では「ベジータが負けるなんて、リクームヤバイ…」とか、最強に最強って感じで面白くはあるんですけどね。

元々ボクはストーリーの面白さなんてそんなに重視はしてないのでアレですけど。

最近の難しそうなマンガと比べると、どいつもこいつも強くてあの必殺技がかっこいいって言ってられるのが楽しい…。

あんまり関係ないけど、必殺技名たくさん挙げる大会があったら出たいと思ってるっていう話をしたかったです。

48の殺人技と52の関節技と超人一〇二芸だけで勝てそうかな。

いや、公開されてないのだらけで200個もないんですけど…。

ともかく、「結局総評してみると、あのキャラが主役だし強いハズなんだけど、こっちのサブキャラも最強に強い」って思える作品が結構好きかも。

照さんが一番強いかもしれないけど、愛宕洋榎も加治木さんもすばらさんも、だからって簡単に負けるキャラなワケじゃないってのが好き。

キン肉マンも、主人公補正はあれどインフレは少ないし、キン肉マン級に強いライバルとか敵キャラはいまだにゴロゴロいるんですよね。

再戦しても、ロビンマスクやウォーズマンに勝算がないってほど実力差を感じないってのが好きかもしんない。

星矢もやっぱ、主人公の星矢が強いのはともかく、瞬くんも最強だしフェニックスも最強だしドラゴンとキグナスも負けはしないし、黄金聖闘士たちもそれ以上の強さだし。

っていうのをイメージさせられてる作品って、好きなのかな。

いいですか。

ゆでたまごさんの作品が面白いワケないです!!

でも、たまに人間が描いてるとは思えないくらい素晴らしいシーンがあるっていうか。

なんだかんだで天才なんだと思う…。

描いてる人がどうしてこうしたんだろうって想像して読むことよくありますけど。

ゆでたまごさんはほぼ不可解。

なのに、熱いシーンのセリフの選び方とかは神がかってたり!

ゆでさんは認めたくないけど、キン肉マンだけは奇跡が起こってて謎。

何が魅力って言われても、読んでてピンと来なければそれはその人にとって駄作にしかならない作品だと思うけど。

って、何巻まで読んで判断しろっていうのがまた難しい作品だけど。

聖闘士星矢はアレですね。

聖衣がキラキラしてるのと、神話関連がなんとなく小6心?をくすぐるだけで…。

他の作品はそれほど読む気しない。

でもリンかけはなんだかんだ面白かった…。

昔の漫画って、話が難しくない分のめり込むのが簡単っていう気がしますね。

ストーリーが良い作品は別腹って感じで。

キン肉マンや星矢に+ストーリーの良さが加わっても、別にさらに上の作品になるとは思わないですね!

上手く伝えづらいけど。

幽々白書とかも読んでるハズだけど。

あんまりストーリーのわかりやすさの印象はないんですよね…。

キン肉マンなんか、何編が始まって誰と誰が戦った~ってのは大体思い出せますからね。

それしかストーリーないからだけど。

魅力はわかんないけど、読んだら好きになるかもねってしか言えませんね!


おわりますー。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック