FC2ブログ
Vileysphere ~美麗空間~
私もあなたもリンシャンカイホウ。
じゅうたん爆撃。
先日、お兄ちゃん夫妻(入籍済み)が家に遊びに来たので、大掃除やら模様替えやらの大あらわだったのですが。

ん、大あらわなんて日本語あったっけ…?

大わらわ?

なんかそんな言葉あったよね。

ともかく。

じゅうたんが新しくなったので、すごくふかふかだー!

毛が高いふかふかじゅうたんヤバイ。

足を伸ばすと、包みこまれるようなアレ!

てかこれ、毛の長さもっと高いのだったらもっふもふにならないのかな。

もっふもふのじゅうたん欲しい。

他に、買い換えると意外にめちゃ快適感のあるものってないかな…!


んー。

あの、ネット用語っていうか、2ちゃんねる語?って。

リアルで使っちゃいけないって風潮…。

「リア充」って言葉はもう使っていいって風潮…。

今は高校生あたり、それほどどっぷりネットしてない人でも不良系の人を「ドキュン」とか言ってたんですけど。

浸透してる2ちゃん語があるかと思えば、なんJ語あたりは伝わらないから関連した場所以外で使わないみたいな感じ…。

そもそも、2ちゃんねるで2ちゃんねる語を使いたいのに、よそで使わないように我慢するって気持ちがわからないし。

用語がわからない一般人に配慮してるみたいだけど。

用語がわからない人ってなんで…?

パソコン使わないお年寄りとかはともかく。

ボクでも大体はわかるのに。

ってか、ボクの立場って何なんだろう。

普通に、一般人でもなんJ語くらい割りと聞いたことある、って感じでおかしくないと思うんですけどねー。

というか、なんJ語はわかるけどなんJって何なのかはわかってない…。

なんでみんな、そんな住み分けしてる感じなんだろう。

ボクは一体どこに住んでいるんだろう。

それに加えて、ニコニコ見てる層もいるんですよね。

ニコニコ見ててボカロ好きな高校生は、普通に2ちゃんねるも見るオタク層だと思っていいのかな…?

ただでさえ2ちゃんねらーのポジションが謎だったのに、ニコニコ見てる第3の層が出てきてもう何がなんだか!!

そしてこれだけ人数いるのに、用語は使わないようにするという風潮が割りとしっかりしてるのは何なのか!

そんな所にこだわった事のないサリさんは大混乱しています。

助けてください。


あ、ポケモンXY!

新タイプ「フェアリー」ですって。

なぜ「ようせい」じゃないし。

タイプ名5文字ってあったっけ?収まり悪くない?

よくわかんないけど、ドラゴン弱体化・どく強化のテコ入れですね!

今さら遅すぎじゃない!?

もはや、ドラゴンが強すぎるのも一興で楽しむゲームだったから、今さらバランス整えられちゃうと受け入れがたいものもあるんですが。

そして、旧ポケに「フェアリー」適用。

つまり、ノーマルだらけだったところにフェアリーが入りまくるってことですね。

ミミロップには関係のないことだった…。

耐性優秀でもないんだったら、攻撃力ないしノーマルだけでいいんだから…。

かくとう以外耐えるスタイルだから!

ヨプ持つのだから!

フェアリーじゃなくてエンジェルなのだから(ry

新タイプエンジェル、物理攻撃は無効。(?)

フェアリータイプ適用するってのは、過去にあくとはがねタイプの前例はありますけど。

コイルとレアコイルがはがね付いただけだっけ…?

今さら適用すると、元タイプが変わっちゃうのがいるのかな。

まるっきり別ポケモンになっちゃいそうですね。


新システム「ポケパルレ」では、ポケモンとの絆を深めることができます。

ん…?

なつき度じゃないの?

とりあえずミミロップと遊ぶのでなんでもいいです。

って言いたいけど、全ポケモン対応のシステムってそんなに深くなさそうだなーと思っちゃう…。

新しいポケモン、BWの時も言ったような気がするけど別に対戦なんてどうでもいいんです。

対戦は、システム劣化してなきゃどうせ最終的に同じことやるんだから。

対戦以外の遊ぶシステムとか、コレクションシステムが欲しい!

あんな、コツコツ図鑑埋めるだけの遊びじゃ物足りないんだー!

すれ違いで、パーティ自慢するようなシステムとか。

もはやすれ違いで図鑑埋められてもいいんじゃない?

すれ違い用の図鑑があって、そっちのコンプでなんかもらえたり、ちょっと特別なポケモンがもらえたり!?

あんま対戦に影響するのに、入手困難なのは困りますけど。

すれ違いシステムを鬼楽しくして欲しいですね。

たぶん世界一売れるすれ違いゲーでもあるし、すれ違い特化がいいなー。

ポケモンやりたい。


おわりますー。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック