FC2ブログ
Vileysphere ~美麗空間~
私もあなたもリンシャンカイホウ。
マヨネーズ臭。
暑いかなー。

暑くない気で扇風機もつけずにいたら、おでこの汗がだらだーらになってますね…。

別に、暑さなんて汗のうっとうしさを気にしなければなんてことないと思うんですが。

冬の寒さとの対比で言うなら、手先足先が暑さで真っ赤になるくらいじゃないと、身体的に同じレベルの苦痛じゃないと思うんですけどねー。

汗で体温下げる作用に比べて、冬の作用って極寒でやっと頬が赤らむくらいしかしないから、寒さの方がつらいんです!

秋の寒さで、身体が蒸気を出してくれるくらい進化したら冬を認めます。


んー。

最近、女の人がマヨネーズ臭くないですか(ry

たぶん、暑さで汗かいたときのにおいだと思うんですが。

なんか、ほぼほとんどの女の人からマヨネーズっぽいにおいが…。

においで、近くに女の人がいるのがわかるレベルなんですけど…。

別に、マヨネーズキライじゃないし、臭いとは言わないけど、臭いって思う人にとっては臭いくらいのにおいがみんなからする…。

例年そんなこと思ったことないんですけど、今年の流行…?

男の人からは、今のところ感じたことないんですよねー。

まぁ、カレーのスパイスみたいな臭い出す人に比べたら何でもないし、気にしないでおきますけど。

カレーのにおいがする人は、病気かなんか申し訳ないですが全力離脱します…。


アーシャのアトリエー。

ストーリー的に進んでない気がするんですが、レベル的には中盤・終盤っぽいのでやや総評。

とりあえずストーリーは、行方不明の妹の手がかりが錬金術にあると知って旅をするという話なんですが。

旅なので、今までみたくアトリエにこもりっきりじゃなくて、行く先々に簡易アトリエを作る感じ。

って言っても、序盤に訪れる街がほぼメインアトリエなんですが…。

で、旅は旅なんですけど、街でのイベントがありまくるので旅感はないですねー。

仲間キャラも、なぜかずっと3人で1人が控え状態。

もっと増えそうな雰囲気なのに、増えないまま年月過ぎちゃったなー。

男キャラは…?

イベント自体は、男女半々くらいで見てて楽しいです。

メルル以前みたく紙芝居会話じゃなくて、3Dキャラがちゃんと表情や動き出して会話してくれます。

これは何気にすっごいんじゃないかな。

アニメ表情で自然に動かすの大変そうですよねー。

結構自然なんですけど、口を開くとちょっとドラクエのスライムっぽくなっちゃうのが難点であり愛嬌?

そんなイベントを見まくったんですが、トロフィがいまだ11%…。

イベント消化で取れるトロフィ多いと思うんですが、もう2人友好度マックスになっちゃったのに全然イベント発生しないのはなぜ…?

そんな感じで、妹の手がかりは進んだものの、他がのんきなイベント多くて冒険感が薄い…。

メルルの時は上達や発展、強大な敵の出現ってわかりやすかったんですけどねー。


ゲーム性で言うと、採取したアイテムには特性や品質のランダム要素がありません。

おかげで、メルルみたいにコンテナゴチャゴチャにはなりにくいですが、採取の楽しみは薄いかな。

さらに、今回は少ない材料で多く作れるし、序盤は調合に工夫の仕様がないので、レベル上がるまでただ作ってないものを作るだけの作業。

作って、散歩して、イベント見てののんびり繰り返し。

調合レベルが上がると、段々自由性や意味がわかってくるので、序盤は気にせず進めるべきですね!

スキル増えても、メルルの時みたいに特性付きまくり武器アクセ3人分量産まではならないかもですが。

その辺は、バランシブになってますね。

あとは、アーランドから一線を画したいのか、アイテム名がほとんど一新されてますね…。

フラムとか爆弾名はギリ受け継いでますけど、他は知らない名前ばかり。


て感じでー。

「つまらなくなった」という声が聞こえそうな気はする。

反論はしづらい。

けど「いや、面白いよ!」って言われたら、「だよねー!」って手のひら返しも出来そう。

という、微妙な感じです!

まぁ、メルルとはやや別物と思うのがいいですかね。

今回は、決まったレールに乗せられてる感じは強いかもしれないですね。

調合に至るまで、攻略サイトで効率的行動を書けそうな感じ。

メルルは割と行動自由なんだけど、壊れ武器作れたり、調合がドラクエモンスターズ並みに複雑。

作らないで終わった調合も多かった気がする…。

アーシャは、今のところ素材用意すればポンポンなんでも作れてます。

どっちが合うかなーって感じで、2作は好みで分かれるんじゃないかなーって思います。


おわりますー。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック